2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お世話になっているショップ

トールペインティング

  • ローズガーデン
    ここでは主に作家さんの作品を載せています。 左側の小さな画像をクリックしたら、大きくなります。 作品には全て著作権があります。お持ち帰りはご遠慮くださいね。
無料ブログはココログ

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

クリスマスリース

P1010154

お花屋さんに行って、小さなリースを作ってきました。

サツマスギ、ユーカリ、リボンと松ぼっくりなど、少ない花材ですが、とってもいい感じ~!

で、日曜に、近所の方がコニファーの剪定をなさっていたので、いただいてきました。

つくったのはこれ。

P10101532

かなり大きくて、なんか、やっぱりいまいち、、、、。乱雑というかワイルドなつくりの土台にリボンと、綿の実、シナモンをつけてみましたが。センスがないわ、、、。来年はシンプルに、リボンだけの方がいいかもね~。

綿の実は、うちで取れたのも二つ入れました。これziziちゃんからいただいた種から育った実です。もっともっと沢山増やして、綿だけのリースも可愛いだろうな~。

綿といえば、大きな実が一つはじけなくて。だめもとで、室内で、水につけておいたら。なんと!

P1010146 だんだんはじけて、こうなったんだよ。植物が生きてるのを実感!つぼみならまだしも、実までこうなるとはびっくりでした。もしはじけてない綿があったらお試しあれ!

2号はとうとう風邪を引き、一応学校に行ったものの、いつ呼び出されるやら。

皆さんも気をつけてね~!

HO! HO! HO!

何でサンタさんはHO HO HOというのか。

掛け声?笑い声?どなたかご存知の方、教えてください、、、、。

P10101002_2

そういえば、真夏に2号と見た「ポーラエクスプレス」とってもよかったです。夢がありましたね。

いまだサンタの存在を信じている2号。クリスマスを凄く楽しみにしているのです。

「一年中12月だったらなあ~!」

きっとサンタさんは破産することでしょう。

そういえば1号が小学生のころも大変でした。

家の窓という窓に、サンタを誘導するメモを張りまくり、挙句の果てに部屋の窓を開け放つ始末。何でも、うちには煙突がないからだそうで、、、、。

サンタ宛の手紙に来た返事は、日本語だということに、非常に疑問を感じていた1号。

今では2号の夢を壊さないように気を使う中坊でした。

そうそう、

相変わらず背中と肩が痛く、接骨院通いが続いています。

まったく筆を持つ気にもならないくらい、かなり来てます。こんなにひどくしたのは1号を産んで以来かも。

といいながら、、、、。エプロンを作ろうとしている私。(←懲りない)

復習

P1010126

津田先生のバラをアレンジして復習してみました。

ですが、、、。

別物になったし、、、。

バラもさることながら、葉っぱがやっぱり苦手やわ~!配置も難しい、、、、。ばらばら~になったもん。

デザイン:津田則子 ペイントクラフト50号「バラの時計」

White Christmas

P10101442

初めて津田則子先生のセミナーを、受けました。

どうしても、このバラの描き方が知りたくて。

だからとって~~~~も楽しかったです。ほんとに。

途中ひそかに鼻歌も出たりして。しかも時間内に仕上がったので、ニスを塗るのみ!

あと、苦手なのが、葉っぱ!

先生の書き方とてもラフなのですが、素敵ですね!手元をよく見て学んできましたが、できるかどうかは別!

また本を探して、書いてみようっと。

そういえば先生、新しい本を出されるそうです。

来年ぐらい?

来年早々三越で何かイベントがあるそうで。その時期にあわされるのではないでしょうか。(あ、うろ覚えですから間違ってたらごめんチャイ)

また一つクリスマス作品出来ました。

早く、作品の模様替え(?)しなくては、、、、。

デザイン:津田則子「White Christmas」

失敗は成功のもと

本日のおやつ。

P1010131

ポンテケージョ~!

これ混ぜたら出来る粉使ってます。だからあっという間に出来上がります。でもおいしいです。

もひとつ

P1010132

紅茶のシフォンケーキ

大成功!

実はこれを作る前に、コーヒーのシフォン作ったけど、失敗!

何が敗因か考えた末、もう一度トライ!

2回目は成功!

うっれしいなっ。おっいしっいな!お友達にもおすそ分けわけ。

しばしの休息

しばしの休息
3号が久しぶりに帰ってきたので、家族でお出かけ。車で二時間弱の朽木村の川原でバーベキュー。夏場はいっぱいのこの場所も、この時期になると、がらがら~!

ここんところ、まったく自然のなかにどっぷり浸かることがなく、久しぶりの山河に癒された感じ~!

写真は三人が川向こうまでの道を作るといって真剣に石を並べている図。3メートルぐらいで挫折していましたが。キャッチボールや、バトミントンしたり、何をするでもなくぼーっと。いやな負の感情が消えていって。普段ボーっとすることってほとんどない、と言うか、ボーっとする時間がもったいないと感じる自分ですが、こんな自然の中であせったってしょうがないもんね。
日が陰ったところで撤収。

この後はいつものコースのくつき温泉てんくうへ。

朽木村の川原へはもう何年通っているでしょうか。1号が幼稚園前だから、そろそろ11年ほど?鹿児島から越してきて、お友達に連れて来ていただいたのが最初です。温泉三昧だった鹿児島とうってかわって、ほとんどないこの地で、久方ぶりのお風呂がとてもうれしかったのを覚えています。

ここも口コミで人気スポットになり、温泉新館ができています。でも、混んだお風呂のいやな私たち(だってこのおなかは人に見せられない、、、、)、いつものお風呂へ。案の定、がらすき~でゆっくりまったり温泉を満喫したのでした。

あ、ちなみに鹿児島は、隼人町という、鹿児島湾のちょうど一番上(?)のところに1年半ほどすんでいました。風向きによっては桜島の火山灰が降ってきて、床がざらざら、洗濯物もやり直し~なんて時もあったけど、温泉がいたるところにあって、毎週末は家族風呂にゴー!霧島にある牧場に1号をよく連れて行きました。3号は仕事が忙しく、ほとんど赤ちゃんの1号と二人だったので、寂しい毎日ではありましたが。でも、お友達も出来て、暖かい人たちに接することが出来ました。鹿児島弁がマスターし切れなかったのが心残りです。

私は田舎の海と山が迫ったところで生まれ育ったので、やはり、自然のそばにいくとホッとします。近くには海がないので、最初は本当にさびしかったけど、今ではすっかり慣れてしまって。でもこんな自然のそばに行くと、その寂しさを思い出してしまうのでした。

ああ、楽しかったのにさびしくなっちゃった。

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »