2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お世話になっているショップ

トールペインティング

  • ローズガーデン
    ここでは主に作家さんの作品を載せています。 左側の小さな画像をクリックしたら、大きくなります。 作品には全て著作権があります。お持ち帰りはご遠慮くださいね。
無料ブログはココログ

« デイサービス | トップページ | ここはどこ? »

Un Rivage

P10102592

瀬戸山先生のセミナー作品。夏らしい涼しげなデザインです。ほとんど出来上がっていたので、今日仕上げをしました。

相変わらず、お茶目な先生、セミナースタートした途端、『おなかがなっちゃったわ~』riceball

言わなきゃわからないのに~。

朝早くから、出発されていらっしゃるでしょうから、それはきっとおなかもすく事でしょう。

健康な証拠ですよね。

かく言う私も、実はお稽古の時、必ず、11時ごろにおなかがなりましてpig

もう生徒さんもみんな知ってて、あら、もう11時ね~なんて、はら時計watchです、ハイ。

そしてびっくり!なんと生まれて初めてデモボードが当たってしまいました~~!ラッキ~~~~!!!good

そして、先週の土曜は、ペイント友達にお呼ばれして、某花火大会bombを見に行きました。

P1010218 P1010226

打ち上げ場所からすぐのお宅は、音で、家が揺れるくらい。

あいにく、無風状態で、煙がすっきりせず、雲がかかったように見えて、ちょっと残念。

でもさすがに、世界一の花火です。ラストは昼間のような明るさでした。

初めてみて、感激しました。

もっとびっくりしたのは、ものすごい人数で、翌日はさぞかしお掃除が大変なんだろうなあと思ったけれど、なんのなんの、ゴミがほとんど落ちてません。

聞けば、寮に入っている生徒たちが、早朝4時から起きて、お掃除して回るそうです。

こんなところも、高校野球大阪代表になる一因のような気がします。もちろん全国から優秀な人材を集めているからなんでしょうけれど。

お泊りさせていただいて(当日は絶対帰れないわよ~だそうで)翌日は、なんば高島屋で開催されている戸塚刺繍展へ。

細かな作品にため息が。

小学校時代、手芸クラブで、刺繍をしていたことを思い出しました。すきなんだよね。思わず、本を買ってしまいました。ちょっとはまりそうですが、、、、これまたきりがないのでほどほどにしておきます。

デザイン:瀬戸山桂子

================================

話は変わって。

先日、子供たちのためのペイント教室をしたのですが。

私は、基本、小学生は描けると思っているので(本当に上手だよ)、付き添いはお願いしません。でも低学年は心配でついてこられたお母様と、ご一緒に楽しくされている親子もいて、それもありだと思います。不安な子供だっているでしょうし。逆に、幼稚園児は親子で参加していただいて、楽しんでいただいています。

子供たちが楽しんで、なおかつ、作品も、満足のいくものだと一番です。

高学年は高学年なりの、低学年は低学年なりの仕上がりで、それがいいと思うし、直して欲しいところがあったら、本人が言ってくるので、手伝ったりする事もありますが、それ以外は手を入れません。

今回、子供と一緒に参加してくださったお母様から、

「低学年の子供は、お母さんが一緒のほうがいいよね。だってきれいに仕上げさせてあげたいでしょう?せっかく作るんだから。」

なるほどと、改めて考えさせられました。どこに重きを置くのか。

しっかりアシストしてきれいに仕上げてあげたほうがいいのか、のびのびと書かせてあげたほうがいいのか、悩むところではありますが。どちらも間違ってませんよね。

子供の発想はすごくて、今回、夏とハロウィンのリースを表裏に描きましたが、お化けやかぼちゃは好きに書いてもいいようにしました。すると、楽しいお顔がたくさん!さすがだな~って感心しました。

子供たちにもペイントの楽しさを教えてあげたい、お母さんたちがやってて私もやりたい~~の声にこたえて始めた子供教室ですが。

私としては絵が得意な子も苦手な子も、のびのび~とさせてあげたいけれど、考え方は千差万別、だから、最低限のラインはあるけれど、みんなそれぞれの思いを出せるような、そして、要求にこたえられるような子供教室、ひいてはペイント教室でありたいと思いました。難しいけど、ね。

う~ん、なんかいいたいことが上手くかけないわ。私のジレンマ、わかってくれるかしら。

さて、次はクリスマス作品、デザインは決まっています。どうもって行きましょうか。

なんか~~~、私らしからぬ、シリアスな内容だった、、、、。どないしたん?じぶん

« デイサービス | トップページ | ここはどこ? »

「トールペイント」カテゴリの記事

コメント

瀬戸山先生のセミナー行ってきたんだぁ~!涼しそうでいいですね~note私は今回も行けず・・でしたdespair
子供の1DAYは難しいね~sweat01
皆が楽しんでくれればいいと思うけれど・・でも、
そこそこの物ができないととも思うし、
年齢層も男の子女の子もあるし・・dashだね!

chamaMさん、そうなの、そこそこのものと思ったら、やっぱりデザインも考えないといけないし、今回は欲張りすぎて材料費も上がっちゃったし。
こちらとしても、それなりのものを持たせてあげたいし、かといって手を入れすぎても、悲しそうな顔になるし。
親も子も満足できるのって難しいよね。
今回のデザインは男の子でもいけるから良かったけど、、、、。
クリスマス、考えてしまうわ、、、。

やっぱり~~(^^)♪
メッチャクチャ素敵に描けてるわ~~!
私もこんな風に描いて見たいな。
どうも、ジョソーニャ系といいリターダー張って描くのが苦手なの。
最近ますます呑みこみ悪くて困る~!
瀬戸ちゃんのバラもまだまだ練習足りない私・・・トホホ
子供教室、最近やる余裕がなくて・・・
でも、子供たちってすごいよね。
気に入った作品が出来たらそれが一番だよね。

昨日 ここを読んだ後に 近くの公園での夏祭りのフィナーレに花火があがりました。やっぱり 花火って 一瞬だけど わくわくドキドキうっとり〜ですね。

子供達の指導の話し、ふむふむと読ませていただきました。
作品を作るって やっぱり出来上がり,できばえが気になるけど,果たして 上手な作品が 良い作品か?とは言い切れないよね。
作る過程での 子供達のがんばりや苦心や工夫があると 上手じゃなくても 良い作品が出来るからね。

でも いつも 楽しそうな1DAYレッスンの様子は 読んでこちらもにっこりしちゃいます。
大変でしょうが この喜びを 一人でも多くの子供達に伝えてあげて下さい。

Bambiちゃん、いや~まだまだでっせ。Bambiちゃんは、練習するんだね~。やっぱ私とは違うわ。セミナー行って描くだけだから、上達しないのよ。アセアセ。やっぱちゃんとしないとね。
先生のは、水とメディウム加減がいまだに上手く調整できないわ。
デモボード見ながら練習だわ。
子ども教室するのも、エネルギーいるよね。coldsweats01

明日から実家めぐりだから、まったくかけそうにありません。ぐすん、、、、。

紫苑さん、花火は厄払いになるそうだから、いいみたいですよ。

子供たち、思い切りいいから勢いのある線になるよね。大人だったら絶対下書きしてから書くけど、子供はじかがき。こっちがびっくりしちゃうよ。
そう、上手じゃなくても良い作品、なかなかわかってもらえないけど、そこを目指したいんだけどね。

リボンなんかも、いろんな色もっていって、好みのを切ってあげたりしたけど、選ぶのだけでも楽しそうだから、こっちもうれしくなっちゃうよ。楽しいのが一番だと思ってたけど、兼ね合いが難しいです。

セミナー作品素敵~~!!
私も申し込みたかったけど・・・
難しいんでしょうねぇ~sign03

私も夏休みは中学生の木工の宿題のために
木工教室をします。
中学生なので、母の付き添いはなしでお願いしているのですが…
今年はどうしてもと言われるので、「口と手はださないでね」とお願いしました。
でも横にいたら無理~~coldsweats02
家庭の様子をのぞいたようでした~~
私の教室は…
宿題なので下手でもいいから自分で最後までやるsign03
がモットーです。
完成したときに来年の話をするお子さんもいて、
嬉しい瞬間です。
みなさんの要求を全部聞くのは大変だけど、できたら生徒さんの気持ちに沿ってあげたいですよね。

ひろちゃん、今朝の12時過ぎに実家から帰ってきました~。疲労困憊です~。今日もこれから神奈川に行ってきます~。
そちらは、中学生、木工の宿題があるのね~。それは教室をやってあげたらとっても喜ばれるでしょう?
でもって、中学で母がきましたか~。いや、気持ちはとっても分かる、、、、でも見てると、どうやっても口が出るよね~。
それを辛抱するぐらいなら、私だったら行かないわ。だってしんどいも~ん。
生徒さんの気持ちに沿う、、、いい言葉ですね。私もそう思いながら教室します~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デイサービス | トップページ | ここはどこ? »