2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お世話になっているショップ

トールペインティング

  • ローズガーデン
    ここでは主に作家さんの作品を載せています。 左側の小さな画像をクリックしたら、大きくなります。 作品には全て著作権があります。お持ち帰りはご遠慮くださいね。
無料ブログはココログ

« べべやけど、やっと完成! | トップページ | そうだ 京都、きた? »

もういくつ寝ると~、、、

携帯からで画像悪いですが、、、ペイントクラフトから、お正月作品。

どうも和風作品は苦手ですが、これはかいてみたいって思った作品。片山先生のペンクラ掲載作品です。

話は変わって、、、。

昨夜、恐怖体験をいたしました。shock

夜中、熟睡できずにうつらうつら状態のときに、誰かの腕が私のおなかの上に~~~~!でも体は動かない~~~~!crying何とか動いた手で、その誰かの手を触ったら。しわしわで、次男の手ではありえない!(お隣にまだ寝てるのです)とってもリアルでした。

頭の中は結構覚醒していて、体が動くようになるまで、絶対離すもんか~と思っていたのですが。やっと体が動くようになったら、その手はなくなっていました。

かなしばりですよね。以前にも一度なりましたが。こんな状態のときによくなるそうですが(頭は覚醒して体は寝てる状態)それにしても、おばばの腕、夢なんでしょうけど、硬かった~~~!

そして、その後、胃に激痛が~!bearing冗談抜きで、病院行きかと思いました~。

何とかトイレに行って、ちょっとましになったので、そのまま休みましたが。原因は、きっと、胃が微妙だったのに、こってり坦々麺noodleを食べちゃったせいでしょう。(自業自得ともいう)

その金縛りと、おなかの上の腕も、そのせいかと思いますが。今回は、恐怖体験より、激痛のほうが恐かった私でした~。

デザイン:片山智佳子 ペイントクラフト69号より

« べべやけど、やっと完成! | トップページ | そうだ 京都、きた? »

「トールペイント」カテゴリの記事

コメント

ちょっと~~怖い~~
なに?その体験  誰かいたのね?
きゃぁ~~恐ろしい!!

金縛りか、、、
私はなったことがないの
ずぼらはならないとか(笑)??

hiromiちゃんも、ネットしてるね~。
誰かいたというか、腕があったというか。夢な様な、そうでないような。
胃が痛くて、そんな夢を見たんだということにしとくわ。だって、そうでないと恐いも~~~~ん!shock

おりばーちゃんヽ(^o^)丿
私はまったく感じないですが、
私も夢なのかわからないのですが、小学生のころ
おあむけにねてて、おきあがろうとすると
お腹をわしずかみにされてる感じで何度も起き上がろうとしても起き上がれなくって結局
きずいたら朝ってことがありました。
でも夢なのかよくわからないのですが、子供だったので、気のせいかとおもってます。
胃が痛いときに、その痛さで夢をみることがありますが、そのせいだとしておきましょうね。
あと疲れてるとかなしばりになりやすいらしい、、でもまったくなったことがありません、、、o(*^ー^*)o
家の中をパンパンと大きく手で叩くとお家の中を清められると江原さんがいってました。
パンパンと叩いてお部屋をまわっておいたらだいじょうぶですV(^-^)V ブイブイッ

おりばーちゃんおはよう♪
私も金縛りなった事あるよぉ
あれって不気味だよね

おりばーちゃんも色々頑張ってるからお疲れ気味なんだよぉ
今日から12月
暮れに向けて主婦は色々忙しくなるから、休み休みでね!
私も最近めまいがひどくて、こ、これは噂に聞く更年○障害?ってあせっとります(笑)

おりばーちゃん おはよう♪
こわ~い体験 お気をつけくださいまし
私は 今まで一回も不気味体験 ありません

片山さんのつばき きれいだよね~ 私も描きました
でもステンシルジェルが品切れで・・・途中です

なもちゃん、こんにちは、なんだか、生暖かい毎日ですね。
そう、夢の中で、一生懸命頑張るんだけど、体動かない~。恐いので、夢ってことで!
大きく手でたたくのね。とりあえず、やっとく~!邪気払いね。

YAYOIちゃん、こんちわ~。
金縛り、昔一度なった事があるの。その時は、お昼寝でうつらうつらのとき、階段を上がってくる足音が確かにした、、、。でもだれもこないの~。夢だったのかなあ。
めまいは、カタツムリちゃんね。やっぱり、血流が悪くなるからだって。友達も、それなってます。
漢方もいいと思うよ~。

Sueちゃん、日曜に、お近くまで行きました~。
も一つ、不思議な体験。大好きだったおじいちゃんがなくなったとき、病院は東京だったからもちろんいられなかったんだけどね。
電気をつけようとして何かをふっと感じたの。でもちっとも恐くなかったよ。
後から、亡くなった時間を聞いて、大体それぐらいだったから、おじいちゃんが来てくれたんだって思いました。ただの思い過ごしにしては、いやにはっきりと感じたのだ。私、あまり感じないから、ちょっとびっくりしました。
亭主関白で、父や、おじさんたちはみんな頭が上がらなかった恐い大正の親父、でも、私にはとっても優しかったんだ~。weep

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« べべやけど、やっと完成! | トップページ | そうだ 京都、きた? »