2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お世話になっているショップ

トールペインティング

  • ローズガーデン
    ここでは主に作家さんの作品を載せています。 左側の小さな画像をクリックしたら、大きくなります。 作品には全て著作権があります。お持ち帰りはご遠慮くださいね。
無料ブログはココログ

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »

しばらくお休みします。

P101067434 デザイン:オリジナル

とうとう本格的な冬がやってきましたね。
更新もはかどらず、なかには心配してくださっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここのところ、公私共にせわしなく、なかなか新作も描いてはいるものの、アップすることが出来ません。残念ではありますが、少しブログをお休みしようと思います。

コメント欄も、ときどき不埒な輩が出没するので、あとでしめさせて頂きますね。
ネット徘徊はストレス解消にしてますので、みなさんのところには、足跡は残せないまでも、お邪魔します。

といいながら、気紛れに、また出没するかもです。その時は、また、よろしくお願いします!
ただ今、次男と、小児科に来ています。毎年恒例になりつつある、終業式には熱のパターンです。
長男は、、、大変すぎて、かくきにもなれません。まったく、高校生って、別次元の生きもの!?
と感じる私です。

では、皆様、メリークリスマス!xmas

追記:次男は、新型インフルでした、、、、。うつっている可能性大です、、、。トホホ。

Violet Dresser Tray

P10106971

プチおひさでございました。

紅葉も、とうとう終わりですね。師走に入り、バタバタしすぎて、日曜には少々ダウンしておりました。

生徒さんに追い抜かれそうになり、あわてて仕上げた、メアリー・ワイズマン作品。

作者はトレイにかかれておりますが、もちろん手持ちのウッドにアレンジです。

メアリーのアバウトさ加減は、難しいです。

本当は、真ん中に板があるのですが、どっかお出かけしております。鏡を入れて、プチミラーにしてトイレに飾ってもいいですね。

クリスマス作品も、ぼちぼちと仕上がっていますが、組み立てていなかったり、あと一息だったり。

そんな中途半端な作品、いつ仕上げましょうか。何とか冬休み、頑張りたいです。

先日、お友達が、会議のついでによってくださり、短い間でしたが、市内観光しました。住んでるといがいと行かない観光地、久しぶりに行って、最後の紅葉を楽しみました。

P1010690 P1010691 P10106922

P10106932

南禅寺周辺と清水さんに行きましたが、まあ修学旅行生の多い事!春にインフル騒ぎで延期になったところも来られているのでしょうね。舞台は押し合いへし合いでした。夕焼けがきれい。夜のライトアップもさぞかしきれいだった事でしょう。

最初の2枚は、南禅寺横にある、疎水の足げた?と、その上を流れている琵琶湖の水です。レンガがアンティークで素敵です。

そうだ 京都、きた?

ことしのJRの「そうだ 京都、いこう」のキャンペーンに使われた、光明寺、実は、私の生息地にあります。

今年は、きっと、混みこみだろうと、行かなかったのですが。毎年行っているので、どうも行かないと落ち着かない、何かをし忘れた気分。結局、月曜に、次男と(代休でした)午後からお散歩がてらいきましてん。

子供たちが小さい頃は、幼稚園からよくお散歩に行ったお寺さんです。

しばし紅葉をお楽しみください。

Pb3000542 Pb3000772 Pb3000682 Pb3000982

写真は次男が撮りました。

階段の上を木が覆ってトンネルをくぐっているようです。

途中で、残念な光景が。

おばちゃん3人組の1人が、なんともみじの葉を木からむしりとっているのです。しかも、手には何枚も。こちらを向いたら、あんまりなことを言おうかと思ったけれど、結局ずっと向こうを向いたまま。こんな人たちは、正直来て欲しくないです。きっとどうせ下に落ちるんだから、、、と思われたに違いないけれど。

言えなかった自分もいやだけど、言ったことで、きっと相手もいやな気分になるだろうことを考えると、やはり躊躇してしまいますね。

でも、そんな光景を見て、せっかくいい気分だったのに、すっかりテンションが下がってしまったのでした。

だからおばちゃんは~といわれないように、他人のふり見て、、、ですね。

そろそろ終わりですが、まだまだきれいです。機会があれば、是非一度お越しくださいね。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年2月 »