2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お世話になっているショップ

トールペインティング

  • ローズガーデン
    ここでは主に作家さんの作品を載せています。 左側の小さな画像をクリックしたら、大きくなります。 作品には全て著作権があります。お持ち帰りはご遠慮くださいね。
無料ブログはココログ

お江戸へ

先週金曜から、お勉強のため、お江戸へ行ってまいりました~。1年ぶりです。

日曜日は一日フリーデイ、お友達のぷにちゃんとhiromiちゃんに暑い中、お付き合いしていただきました。

行先は、自由が丘。

おされな雑貨屋さん目的です。

Dsc00048「SM2」はやりのかわいいレースづかいのお洋服屋さん。 いきなりこんなディスプレイ。店内は残念ながら撮影禁止でしたが。すべてがオシャレ!

Dsc00049 自転車が、ナイス!です。さすがままちゃりとは違います、、、。店内も、すべてお持ち帰りしたいです。

hiromiちゃんに、いろいろディスプレイのレクチャーを受けながら、あれもこれもを指をくわえて眺めます。

Dsc00051 食事をすませ、ガーデニングのお店へ。

ブリキのジョーロというお店。でっかいジョウロが、目印。

Dsc00050 こんなかわいいピックがお出迎え。お二階には、アンティークな家具や洋書が、、、。

調理器具のお店に行って、ほしかった、ジンジャーマンの抜き型をゲット!なかなかちょうどよいのがなくってさがしていました。ついでに、食器(重かった)と、これまたずっとほしかった計量カップ(ななめで使いやすいんよ)ゲット!

あまりの暑さに、ティータイム。

Dsc00052 「セント・クリストファー」にて、久々においしい紅茶をいただきました。

ペイント友達のみんな、話せば、時間のたつのも忘れ、あっという間にお別れの時間。

「自由が丘ロール」というお菓子のお店で、お二人はロールケーキを、私は、おさんどんしてくれた!お兄ちゃんにクッキーのお土産を買いました。

もちろん駅で、ごまたまごもね(子供たち大好きです)。

猛烈に暑い真夏の昼に、お付き合いしていただいて、本当にありがとう。1年ぶりにお会いして、本当にうれしかったです。次回はちゃんと気温(!)も考えるから、また遊びにいかせてね~。

そうだ 京都、きた?

ことしのJRの「そうだ 京都、いこう」のキャンペーンに使われた、光明寺、実は、私の生息地にあります。

今年は、きっと、混みこみだろうと、行かなかったのですが。毎年行っているので、どうも行かないと落ち着かない、何かをし忘れた気分。結局、月曜に、次男と(代休でした)午後からお散歩がてらいきましてん。

子供たちが小さい頃は、幼稚園からよくお散歩に行ったお寺さんです。

しばし紅葉をお楽しみください。

Pb3000542 Pb3000772 Pb3000682 Pb3000982

写真は次男が撮りました。

階段の上を木が覆ってトンネルをくぐっているようです。

途中で、残念な光景が。

おばちゃん3人組の1人が、なんともみじの葉を木からむしりとっているのです。しかも、手には何枚も。こちらを向いたら、あんまりなことを言おうかと思ったけれど、結局ずっと向こうを向いたまま。こんな人たちは、正直来て欲しくないです。きっとどうせ下に落ちるんだから、、、と思われたに違いないけれど。

言えなかった自分もいやだけど、言ったことで、きっと相手もいやな気分になるだろうことを考えると、やはり躊躇してしまいますね。

でも、そんな光景を見て、せっかくいい気分だったのに、すっかりテンションが下がってしまったのでした。

だからおばちゃんは~といわれないように、他人のふり見て、、、ですね。

そろそろ終わりですが、まだまだきれいです。機会があれば、是非一度お越しくださいね。

北海道旅行記3

P10104272

いきなしラーメンの画像。

わたくしここのラーメンだったら、毎週でも食べられます!なつかしのおしょうゆ味!

もう、、、、。感動でございます!noodle

ほんまにおいしいラーメン、教えてくれたのは、ホテルのお兄ちゃん従業員さん。

ホテル周辺のオススメラーメン屋さんのチラシももらって行ったけど、まあ、ほんとうにおいしいのです。その名も、『まつ田』

旭川に行った折には、是非一度お試しあれ。お兄さんが言うには、どこも甲乙つけがたいですよって。

主人たちは、こってりしょうゆ、私はあっさりしょうゆ。

ああ、心残りがあるとするなら、オススメ店のラーメン、もっと食べたかったよ。

札幌の欅といい、ここのラーメンといい、北海道って、北海道って、

ラーメン天国~~~~!

はあ、何でこんなに食い意地がはってるんだろ、、、、。

翌日は、(私だけ)待ちに待った旭山動物園。

朝一で行きましたとも!

長蛇の列と噂の、アザラシちゃんも、ホッキョクグマちゃんも、すんなりと見ることが出来ました。とここで~~~~、興奮した私、あわててデジカメを取り出して、うっかり

落としてしもた~~~~!ひび入ったやんか~~~~!

P10104302

テンション下がりまくりの私、気を取り直して、アザラシ館へ。

お決まりのアザラシちゃん、何がおかしいって、通るたびに、みんなが『おお~~~!』と声をあげる事。何度も通って、大サービスでした。

P10104352

このこはだ~れ?

P10104532

こんな大きな肉球、触りたい、、、、。(って命がけよ)

虎さんの大きな手。

P10104602

うーたん親子。お母さんは、子供が背中にちゃんと乗るまで、辛抱強くまっています。

人間私とは大違い!だって、絶対、早く!ってせかすよ。

ゆっくりゆっくり上がっていき、横に伸びたロープと鉄筋を伝って、水呑場まで行ってくれました。

Dscn19872

とっても近いです。プライバシー侵害してゴメンねと謝りたくなるくらい。

Dscn20032

どっちかってーと、人間が見られているような、、、。

Dscn197023

こんなところにチンパンジーが一匹逃亡中。

このチンパンジー、実は動物があまりすきではありません。何を見たかというと、、、。

わに!爬虫類!私も入りましたが、ヘビと、ふりむけばこの世で一番きらいな巨大かえるがいたので、飛んで逃げた私。

旭山動物園の人気の秘密は色々あるけれど、とても丁寧な園の方々の思いが伝わってきて、こちらも、姿勢をただして見る気になれること。
ちいさなゴミすら捨てる気にならないと思います。手書きの説明文も素敵だし、何より、すぐそばで動物たちの姿を目の当たりに出来ます。普通の動物園では、なかなかこうは行きませんよね。

こんな想いあふれる動物園、全国に増えてほしいです。

1号も2号も3号も、いまひとつ乗り気でなかった動物園、気がつけば、かぶりつきの2人でした。(次男はやっぱり動物嫌い)

そろそろくたびれてきた4人、ぼちぼちと空港に向かい、空の人たちとなりました。

帰って来たら、暑いのは暑いけど、意外とましな関西。リハビリが大変かと思っていたけれど。

今年は、実家×2や、北海道のおかげで、強烈な夏が数えるほどでした。

長々とあいだが空いてしまったにもかかわらず、お読みくださった皆様、ありがとうございました。

京都も今は、すっかり秋空です。

北海道旅行記2

どうやらその夜は、大雨警報が出ていたようで、かなりの雨。雨女じゃないんですけど、、、。だれかが雨男???

次の朝も、雨はやまず、せっかくの富良野が~weepとテンション下がり気味。でも、だんだん雨脚が弱まり、これだったらいけるかも~!

そして富良野につく頃には雨も上がり、明るくなってきました。そして、峠を越えたらそこは、、、

P10103512

P10103522

P10103172

そうそう、この景色~~~!

富良野は盆地なので、こんな丘陵地が広がります。きれいな畑。苦労がしのばれます。

そばの花も満開です。

あちこち止まりながら向かったのは、

P10103572

覚えていますか~?北の国からに出てきた、拾ってきた家。

バスの後部座席が、ソファーになっています。

中に貼ってあった、倉本聰の脚本を読んで、ひそかに涙weepする私、、、。

ああ~ビデオ借りて予習しとけばよかった~。

P10103632 P10103692

P10103722

ここは、五郎さんのおうち、そして、最後の石のおうち。

まきのお風呂、、、何度も会話していましたね。

実は、昔々のその昔、若かりし頃、バイクで、北海道半分を回った時に一度よったのですが、その時から言うと、富良野は激変。

すっかり観光地の顔になっておりました。大型ホームセンターも出来て、昔のひなびたイメージはなくなってしまっていました。

今日は、見所いっぱい駆け足です。

P10103792

風のガーデンにもよりましたよ。ドラマは見損ねてたの。だからイマイチピントこない、、、。うう、やっぱり予習は大事じゃ。

お花畑で、虫!と遊んだ後は、期待大の美瑛へ。

広がる景色に、ただただ感動!そして1号2号の早く次に行こうコールをものともせず、3号は、ひたすら写真を撮っていたのでした。

P10104022

いまいちいい写真がなくて。

畑がパッチワークのようです。創作意欲が湧いてたんだけど、、、のどもとすぎれば?

暑さ寒さも彼岸まで?なんか関係ないし、、、。

今日の泊まりは、旭川です。旭川といえば~~~!

P10104272

つづく

北海道旅行記その1

すっかり更新をサボっていました。

新学期が始まってから、夏休み疲れ?がどっと出てしまい、低空飛行です。

八月の下旬に行った北海道旅行、お天気が悪かったにもかかわらず、何とか傘はささずにすみました。

空路で向かった北海道、空から見る大地は、畑がとてもきれいでした。

レンタカーを借りて、まずはgroveちゃんおすすめの札幌にあるラーメン、へ。

休日の夜はかなりの行列になるこのお店、平日のお昼だったので、そう待たなくてすみました。

おなかがぺこぺこりんな家族は、写真を撮るまもなく、激うま味噌ラーメンを平らげてしまったのでした。ああ、大盛にすればよかった、、、、。

その後は市内観光。がしかし、気温は16度!涼を求めて行ったけれど、ここまで下がると、さぶい!!!京都との温度差が20度近く。恐るべし!北海道!

P10102942 P10102972

夜は、もちろん、海鮮丼!

P10103032 てんこもりのいくら!今日ばかりは、コレステロール気にしないもん!

翌日は、gorveちゃんち経由で、南富良野周辺へ。

広い広いお庭でヤギも飼っているgroveちゃん、いきなしお邪魔して、すいませんでした。お茶と、お土産にマフィンまでいただいて、腹ペコ家族はもちろん匂いにガマンできず、あっという間に平らげてしまったのでした。ごちそうさま~!

今日の目的は、2号がこだわった、カヌーのダッキーちゃんで川くだり!

画像ございません。カメラ持っての川くだり、インストラクターのお兄ちゃんにとめられました。

なので、遊び屋さんのHPをご覧ください。

ウエットスーツ?とライフジャケット・ヘルメットといういでたちで、ダッキーちゃんに二人乗りです。

ダッキーちゃんてのは、ゴムボート仕様の二人乗りカヌー。沈没しにくくて、初心者向けです。天候不良のため、参加者は、私たち家族のみ。微妙にテンション下がります。

気を取り直して、私と1号、2号と3号という組み合わせで、雨で増水した空知川を下って行ったのでした。

後ろに乗った私は、けっこう時々手を休めたために2号チームに遅れをとり、1号に叱られっぱなしで川をくだり、コントロールがうまくいかず激流で引っかかったり、横向きになったり。

業を煮やした1号に前後を交代され、こうなると,漕ぐ手を休む事もままならず。

鬼軍曹1号に叱られながら頑張った甲斐あって、だんだんコツがつかめてきます。

途中、キタキツネの子供にも出会えました。

休憩では、カヌーを降りて、川に体を浮かべて流されてみたり。これがおもしろい!水は冷たいけれど、とても澄んでいてきれいです。体を達磨さん状態に丸めて空を見ながら、流れに身を任せると、なんだか、リセットされた気分。なんだけど、下着までぬれてるのは微妙に悲しい。

体はつかれたけど、でも楽しい~~~!家族連れだったら、絶対オススメです。

P10103212_2

ここは、健さんの映画、ぽっぽやのロケに使われた駅。もちろん無人駅で単線、電化もされていません。

実際に使われている駅で、回りにはセットがいまだにそのままに。

1号は、友達の鉄ちゃんたちのために、写真を必死で撮っておりました。

つづく

ここはどこ?


ただいまこんなところにいます。

ガーデンミュージアム比叡

P10000882

一度行ってみたかった、ガーデンミュージアム比叡です。

道中の京都市内、車で測った外気温はなんと40度!アスファルトの上で、止まっていたからでしょうが、もういやになるくらいの温度。お風呂に入っているぐらいよね。

峠を越えて、比叡山ドライブウェイへ。上がるにつれて気温はどんどん下がります。

窓を開けたら涼しい風が。湿気も少なくて、木々の香りが爽快です。

目的地のガーデンミュージアムは思ったよりたくさんの花々が迎えてくれました。

日差しはきついけれど、吹く風は、さわやかで、秋のようです。

盛りなのは、ダリア、ひまわり、ルドベキアや睡蓮。バラも沢山咲いていました。

P10001342

意外だったのが、ダリア。むか~しのイメージがあって、正直、気にも留めていなかったのですが、見てください、とっても可愛い姿のぽんぽんダリア

P1000104

P10001092

思わず、ぽんぽんと手で触りたくなりませんか?

来年は育ててみたいなあ。

四季折々の花が咲く、この庭園。季節ごとに訪れたい場所です。

それにしても涼しかった~~~~。

紅葉 光明寺にて

Dscn2941 すっかり朝晩冷え込むようになりました。11月も半ばとなり、町の街路樹も紅葉し始めました。

この写真は、近くの光明寺のものです。ぼん1号撮影。この界隈では結構有名な、紅葉スポットです。最近では、駐車場代が必要ですが、ライトアップしたりと力を入れている様子。京都に越してきてから、毎年、このシーズンにはここに来るのが我が家の年中行事となりました。赤から緑までのグラデーションがすばらしいです。私の大好きな、癒しの場所のご紹介でした。