2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

お世話になっているショップ

トールペインティング

  • ローズガーデン
    ここでは主に作家さんの作品を載せています。 左側の小さな画像をクリックしたら、大きくなります。 作品には全て著作権があります。お持ち帰りはご遠慮くださいね。
無料ブログはココログ

親馬鹿ざんす

親馬鹿ざんす

今日、何気に2号の押入れを空けるとこんなものが。

小さなプラスチックの貯金箱。

書かれていた文字は。

「ぼくがりっぱなおとなになるために」

思わず胸がいっぱいになりました。

立派な大人になるための貯金。その中はほとんどが、100円未満の硬貨ばかりですが。

そうか2号は立派な大人になりたいのか。

どんな大人になりたいか、職業ばかりを思っていたけれど。

ふと、私は、立派な大人と言えるのか、わが身を省みたのでした。(汗)

そして、塾からの帰り道のこと。

私は子どもたちに死んだら宇宙葬にしてくれるようお願いしています。(笑)

「お母さんとはなれないといけないから、それはいやだなあ」

大人になったら母からは離れるだろうし、結婚したら自分の家族が出来るから、当然ばばからは離れることを話した。まして、死んだら、体は残っているけれど、私はもうそこにはいないしね。

「でも近くに住みたいなあ。」

「年とって寝たきりになったら面倒見てくれるの?おしめもかえないといけないし、お風呂にも入れないといけないよ。よだれもたれるし。」

2号は潔癖症、と言うか、汚いものを極端に嫌がるし、よだれとかも気持ち悪がる。だからきっとここでひるむだろうと思ったら。

「じゃあおしめ変えるとき、ゴム手袋するよ。それでもいい?」

「汚いの嫌いでしょう?」

「だってお母さんは僕を育ててくれた人だから。」

殺し文句でした。

きっと大人になったらこんな事言ったなんてすっかり忘れているのでしょうが。

それでも母ちゃんは、あなたを産んでよかった、あなたが私の子で幸せだって思ったんだよ。

体調の悪い私を気遣ってくれる1号と共に、つらいことや問題も沢山あるのだけれど、それでもこんな優しい言葉を掛けてくれる子どもたちがいる私は幸せ者です。

なんちって。

超がつくほどの親ばか記事、失礼しやした。

ぼん1号のちょっといい話。

え~、題からして既に親ばかです。この辺適当にスル~してください。

うちのぼん1号は、わが子ながらとっても優しいやつです。特に小さい子とお年寄りにはめっぽう弱い!とても私が産んだとは思えないやつです。

少し前の土曜日、その日は部活の試合の日で、市内の体育館に自転車で行っておりました。帰りに、プラモやさんにいこうと寄り道したのです。(ここはちょっと悪い子)店の前まで行ったところ、おばあちゃんに道を尋ねられました。

「西友はどこかの?」

「この道をまっすぐ行けばつきますよ」

「そういわれてきたんやけど、、、一向につかんし、、、、むにゃむにゃ」

見かねた彼は、目的地を目前にして結局そのおばあちゃんを逆方向のスーパーまで案内してあげましたとさ。

雨の中、おばあちゃんは傘を差して、、、、。ぼん1号はぬれねずみで。(合羽を持って行ってなかったんだよん)

二人で世間話をしながら15分ほど歩いてやっと着いたそうです。

ここまで聞いて、「君は本当に優しいなあ、いまどきそんな中学生なかなかいないじょ」とほめまくりました。

「きっとなんかいいことあるよ」

「いや、実は、、、、。おこずかいもらってん。500えん。」

君~、せっかくのいい話が半分やんか~!

「いや最初は、1000円ださはってんけど、いくらなんでももらえんし、年寄りやし遠慮してたんやけど、、、」

「最初は、女子高生に聞いたら無視されたらしいで。おばあちゃんショックやったみたい。」

おばあちゃんよっぽどうれしかったんでしょうね。おこづかいまでくれるなんて。ありがとうございます。聞けば、家から1時間ほど歩いたらしい。うちの近くの方でした。いつもは車だけれど、たまには運動しなくっちゃと思って買い物に出たそうだけれど、いくらなんでも雨に日を選ばなくってもねえ。

そのあとぼん1号はまた引き返し、目的のプラモやさんに行ったのでした。

実はこの後も、帰り道踏切でおばちゃんに聞かれたそうです。

「西友はこの道でいいですか?」

さすがに、おばちゃんだったので、自力でいけると思い、場所の説明をして、近くになったらまた別の人に聞いてっていったみたいです。

「このおばちゃんは若そうやったし、近くやったからまあ何とかなると思って。」

ぼん1号の西友デイでした。

日本の教育はどこへ、、、

ご大層なタイトルになってしまいましたが、、、。

実は今日、中学校の参観でした。ちょっとだけ見に行ったのですが。

子どもたちを見てびっくりしたこと。授業中に横向いて座っているではアリマセンカ。しかも先生は何にも言わずに授業を進めていきます。うちのこのクラスでは二人ほどいましたが。聞けば、他のクラスでは、沢山の子どもが横向きに座り、後ろのことおしゃべりしながら受けているそうです。たまたま道徳だったからでしょうか。

私たちと時代が違うのは分かりますが、これでいいのか?小学校でも、前にむきなさいって言わない?

いまどきは、あまり先生も怒らない様子。こんな風に礼儀も知らない子どもたちが日本を背負っていくのです。

いいのかニッポン!おかあちゃんは、なっとくいかんぞ!